コピーライターが気をつけるべきこと

コピーライティングはクライアントに依頼された文章を書く仕事です。そこには必ずクライアントの要望というものがあって、自分勝手な文章を書くことは許されません。例えば自分があまり好きでない食べ物であっても「美味しい」「好き」と書かなければいけないことがあります。小説や感想文を書くわけではないので、プロとしてある程度の感情を割り切って書くことが要求されます。またネガティブな内容を書くこともタブーです。物事の本質を突く、という視点はとても大切ですが、どんなに書きたいことでも、クライアントにとってマイナスになることは絶対に書けません。前半でけなしておいて後半で盛り立てる、といった手法の文章も、個人のブログなどではいいのかもしれませんが、プロのコピーライターの文章としては不適格でしょう。たとえアルバイトであっても、クライアントの目が厳しいことを忘れては仕事になりません。かといってあまりにも「ヨイショ」した文章もイヤらしいものです。気をつけたい部分です。